セーター着て寒い季節ももぽかぽか!

セーターでぽっかぽか

毛玉がついたままのセーターは着てはいけない

セーターを何回も着ていると、袖の内側がこすれてきて毛玉ができてしまいます。
それは毛糸の表面の糸が摩擦によって消耗されて、埃のようにたまってきてしまった状態です。
これが全体的にできてしまうと、全体が汚らしい印象になってしまうのでまめに取り除くことが望ましいです。
取り除く機器も市販されていますが、たいした数の毛玉でなく細かい作業が好きで苦にならない人などは、ピンセットのような毛抜きで取り除くのも暇潰しになることもあります。
ですが、どちらの方法でも取り除いた跡が少しわかってしまって、少し型崩れしたような感じになってしまうので、袖の内側以外は毛玉ができないように着て維持するのが一番望ましいです。
洗濯は、できればセーターのみにし、ネットに入れ洗剤もおしゃれ着洗いを使用し、洗濯コースもそのようなコースを選ぶようにするのがよいと思われます。
洗濯時に他の衣料や水流からの摩擦を避けて、干す時も水分を出すためといって絞らないようにします。
そうやって気を付けて取り扱うことで、いつまでもセーターの型や編み目の表面をきれいに保つことができます。

セーターの毛玉対策と出来てしまった場合毛玉を取る方法

セーターを何回も着た場合、毛玉が出来てしまったという経験をされる人も多いのではないでしょうか。
毛玉の最大の原因は洗濯時の摩擦と言われています。
その摩擦を最小限に抑えることで、出来にくくすることが可能です。
ではどういった方法を実践すればよいかというと、セーターは目の細かめのネットに入れ、洗濯機のモードを手洗いやソフトといった回転数がゆっくりで優しく洗いあげるコースを選びます。
そうすることにより、摩擦を最小限に抑えることが出来ます。
また乾燥の際は乾燥機は使わずなるべく自然乾燥を行うようにしましょう。
しかしこの方法でも必ずしも毛玉が出来なくなる訳ではありません。
万が一出来てしまった場合は、専用のブラシなども販売されていますが、お金を使いたくないという人もいるでしょう。
そんな人には食器洗いなどに使うスポンジたわしで、丁寧にこすると簡単に取ることが出来ますし、他にもT字のカミソリでも簡単に取ることが出来ます。
興味のある人は一度試してみてはいかがでしょうか。

注目サイト

Last update:2017/6/7

COPY RIGHT (C) 2015 セーターでぽっかぽか ALL RIGHT RESERVED